ひぃ渦-第23回「絵本作家の藤本典子さん❛美味しいごはん❜の主催秘話」

ひぃ渦-第23回「絵本作家の藤本典子さん❛美味しいごはん❜の主催秘話」

新月翌日や朝の祈りのおかげか!!??たっぷりと機械とばせていただいての収録となりました。
ある意味ウォーミングアップだったかも?といいように解釈しときまーす!!
さて、、、、
絵本作家の藤本典子さんが本日お話に来てくだっさた内容は「美味しいごはん」というドキュメンタリー映画のご紹介です。

**********

「ごはん」は「ひかり」。
大阪府枚方市楠葉にあります「御食事ゆにわ」の店長ちこさんの物語。
映画の予告動画はこちら↓
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=HK4o-s_BAVw
*美味しいごはん公式HP https://oishi-gohan.com/

【この映画が目指す世界(映画の中より抜粋)】
昔の日本人が当たり前にやっていた、
「美味しくごはんを作って、美味しいごはんを味わって食べる」ということ。
もし、そんな生き方をもう一度今の日本で
「当たり前」にすることができたら‥
小さなこどもから大人まで、どんな人でも変わることができるし、
心が温かい光で満たされ、幸せで豊かになることができます。
そして、そんな「当たり前」を次の時代を作っていく
こども達に伝えていくことができたら‥
人を思いやれる人、
人の苦しみや痛みがわかる人、
世のため人のために頑張れる人、
自分の、そして相手の幸せを心の底から願える人
そんな幸せな人がどんどん増えていく。
きっと、10年後、20年後の日本は ステキな国になっていることでしょう。
**********

のりちゃんが神戸で26年間児童館のお仕事をされていた時に感じた事がベースとなって、
今回のこの自主上映の主催となったお話を伺いましが。
その実態のハードさ、、どうしてやれないもどかしさ、、、そんなのりちゃんの「優しさ」が伝わってきます。
ほんの一端をお話いただきましたが、その基本となるお気持ちがまるで見えるかのようでした。
そして同時主催の、おひさまうさぎ代表のさかいゆきこさんの主催への思いも代読させていただいています。
「まだ小さかった頃の記憶。お布団の中でうとうとまどろみながら聞こえたトントンと野菜を切るまな板の音、お味噌汁の匂い。。。」
「この映画を観ると、ウルっとキラっと何かが内側かで始まります」
「お皿一枚も赤ちゃんをお風呂に入れるように丁寧に洗おう」

一部を抜粋で記載しましたが、ゆきちゃんの情熱がたくさんの人を動かしているのは紛れもない事実です。
関わってくださっているスタッフさんへの感謝の思いもお伝えくださいました。

大切な人と観て欲しい。
そして大切なことを思い出して欲しい。

いろんな「愛」を運びに本日のりちゃんは渦まきラジオに来てくださいました。
感謝!!

そんな思いがたくさん詰まった収録です。是非たくさんの方に聞いていただけますように。

**********
「美味しいごはん」神戸六甲道上映会ご案内

開演 13:30~15:00(開場13:00)
六甲道勤労市民センター5階大会議室(JR六甲道駅 南隣接)
入場料 1000円(中学生以下無料)
※お子様連れの方用に、敷物を敷いたスペースや別室もご用意させていただいています
主催:おひさまうさぎ&LUNLUN工房

フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/254507385194112/?ti=icl

主催:のりちゃんの思いはこちら
https://www.facebook.com/100005652078835/posts/896895170508877/

主催:ゆきちゃんの思いこちら
https://www.facebook.com/100005160301779/posts/1014357902079544/

申し込み方法①
https://ssl.form-mailer.jp/fms/188062a4578015

申し込み方法②
https://www.kokuchpro.com/…/539de285d912726190219068d4c5b4…/

***** 藤本典子さん情報 *****
プロフィール
京都芸大日本画専攻卒業、神戸市立児童館に26年勤務。
2010年、LUNLUN工房を立ち上げ、絵本作家・造形講師として活動中。
ギャラリーVie(ヴイー)絵本塾出身。
日本児童文学者協会会員 日本児童文芸家協会会員 この本大好きの会会員 絵本に「ケーキになあれ!」「おかおになあれ!」BL出版  「このパンなにパン」「きょうのおやつはなんだろな?」鈴木出版がある。 工作本「手づくりハロウィーン」マガジンランドがある。 ブログで絵本コミュニティ、フェイスブックでも絵や言葉を発信しています。 次は、お話し仕立て 絵本作家ふじもとのりこ 「もう、絵を描かずにすむ!」 芸大を卒業したときそう思ったのに、 再びアートの世界に戻ってきた  絵本作家 ふじもとのりこです。 26年間勤めた児童館で、 子どもたちやママと向き合ってきた経験と、 アートが結びついたのが「絵本」でした。 「今年 3冊の絵本が出版されました!」 2014年1月新月のお願いがかないました。 1月にBL出版から「ケーキになあれ!」を出版、 9月にBL出版社から「おかおになあれ!」出版予定 11月に 鈴木出版から「このパンなにパン」出版決定 本当に驚き、もう時代の流れとして、 願いがかなうスピードが早くなっていると  実感しています。 「私の絵本は 最初の1冊です」 私の絵本は、コミュニケーション絵本です。 読み手と子どもが お話しながら読む絵本。 絵本になじみのない子、絵本を聞く状態でない子を 絵本の世界に つないでいく。 そんな役割の絵本を 私は作りたい。 「神話・民話は 魂のストーリー」 近い将来、私はつくります。 新しい神話や民話の絵本を。 人の魂の深みに満ちる 物語を 「私は 誰か?」を知るために 私は 私を   知りたい 私は あなたを 知りたい。 そんな私の 昔のお話です。 私は絵本と それに続く本の世界に 何度も助けられてきました。 だから、本の力を信じています。 絵と言葉 それが私を支えてくれました。 私が小学校に行ったのは、小学3年の半ば。 幼稚園の頃から ずっと入院していたからです。 入院中、私は本に夢中で、 ベットの上にいながら ファンタジーの世界を飛んでいました。 退院時、学力が劣ることはないと判断され、 学年を遅らせずに学校に行けました。 たくさん本を読んでいたおかげです。 小学校の時、 体育はまともに できず 国語と図工だけ成績がよかった。 教科書のお話が好きで、 絵よりも工作が得意。 玄関ホールに飾られると 嬉しかったな。 中学校は、一番読書量が多かった時期。 美術部でなく、図書部でした。 初恋は、星新一のショートショートを 貸してくれた人と。 落ちこぼれの神戸高校時代は、 美術部部室に入りびたり! (だるまストーブで、芋や餅を焼いたり・・・♡) 美術の教員は変わり者。 高校生に絵本を読み聞かせ、 絵本を作らせる人でした。 美術部でも全員で絵本製作し、 誕生日には絵本を贈る習慣がありました。 高校卒業後、 武蔵野美大基礎デザイン科に行ったものの、 恩師と同じ大学に行きたくて受験し直し 京都芸大の日本画専攻に進学。 ところが日本画の難しさに四苦八苦。 描けない日々が続きました。苦しかった。 大学卒業後は、神戸市社会福祉協議会に 児童館指導員として就職。 子どもやママに遊びの指導をしてきました。 楽しかった~~。 26年間、120パーセントの仕事をと、頑張ってきました! 私の創作意欲は、 仕事を創ることで満たされていました。 50歳の年に「もうひとつの可能性を生きたい」と、 アートの道に戻る決意をし、 絵本作家を目指すために退職。 今年3冊の絵本出版にいたりました。 「ケーキになあれ!」 BL出版 「おかおになあれ!」 BL出版 「このパンなにパン」 鈴木出版
https://www.facebook.com/profile.php?id=100005652078835

***** さかいゆきこさん情報 *****
新しいステージ 「おひさまうさぎ」のご案内ができる運びとなりました
5月から、素直にまっすぐ流れに乗って今日まで^ ^ 新しい場所では、シンボルとなる 新しい時計が時を刻みはじめました。 村里夫婦がサプライズプレゼントしてくれた けやきの時計は 海のさざ波が聞こえてきそうな年輪が刻まれています。 この日のために、ずっと波模様のけやきを探してくれたそうです その時計には、アフリカのブビンガという木のお日様の振り子が。 そして、ホワイトアッシュという木で作られたお月様が真ん中でクルクル回っています 時計の上に座っているのは、おひさまうさぎです 嬉しくてウルウルでした^ ^ 今まで通ってきた道で出逢った全ての事柄やものが今日に紡がれて ピタリとおさまるところにおさまった感じです おひさまうさぎの大切にしたいことは 今ここの自分を愛でること! それは、食でもあります。 そして、気づき、わかちあいです カラダは見える世界の中心核 ココロは観えない世界の中心核 どちらも大切にしながら 自分らしく素直に暮らせたら 今生は、大成功に思います^ ^ あれもこれもとたくさん学んできたけれど おひさまうさぎでは、『暦』を大切にしていきます 暦は、大きな気づきの産物です 昔の人の感性も知恵もいっぱいです 四季のある国に生まれたことは、本当に幸せ! 季節ごとの色とりどりの花 木々の色づき そして、その時々に、旬という食材が生まれます 日本人は、美しい自然の移り変わりを 二十四の季節に分けて暮らしてきました おひさまうさぎでは 24の季節を通して、オリジナルワークで 自然の変化に気づくこと 自分自身の変化に気づくこと 旬の食材を使ったごはんを提供させてもらいます そして、今まで通り みなさんそれぞれの得意分野を分かち合ってもらう『アルケミストの集い』も開催していきます 9月13日初めてのイベント企画中 それまで 場を育て、中身を育て ホームページもつくってもらいます♪ 詳細は随時お知らせアップします♪
https://www.facebook.com/profile.php?id=100005259373444

***** 山田ひろえから *****

あなたの応援いたします。
壁のないひーちゃんとラジオ収録してみませんか?
あった瞬間初対面なことがすっ飛ぶひーちゃん(笑)
それはね、今目の前にいる人がすべてだという感覚でいるからなのです。
だから、すーっとみんな思っていること話してくれます。それもとっても自然に。
肩ひじ張らずにリラックスしてきずいたらあっという間に自分が解けてるってことになっちゃいます。
そんなラジオはわたしならでは。わたしだからこそのラジオです。
ご出演ご希望お待ちしております。
どうぞお気軽にお問合せくださいね。
詳しくは https://terraterrahiroe.wixsite.com/mysite/blank-6 まで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする